MF7 遠藤 保仁 G大阪の人気選手

image04

ガンバ大阪の遠藤保仁選手はJリーグチーム選手の中で一番好きな選手です。

彼は1980年1月28日に、鹿児島県桜島町で出身しました。利き足は右脚で、人々にヤットで呼ばれています。最初出場は1998年3月21日にJリーグ1stステージ第1節で、2014年Jリーグ最優秀選手賞を受けました。

ガンバ大阪の2017ユニフォームも販売しています。オフィシャル書体なので、どうしても手に入れたいです。

F17SUM0001F17SUM0001_2

新シーズンのホームユニフォームはチームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用します。ピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められています。サプライヤーは前続き「UMBRO」で、Vネックデザインを採用して、ブルーとブラックの縦縞のデザインを使用、チームエンブレムはワッペン織り縫い付けて、メーカーロゴは刺繍です。

7番号遠藤 保仁 のネームは背中にプリントして、ネームは背番号の下で付けて、右胸のチームエンブレムのしたで7番号も付けています。

ガンバ大阪ユニフォーム2017他の選手ネームが印刷でも可能です。以下のリンクを押して、自由にマーキングできます。

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017 ホーム 半袖

2017シーズン ガンバ大阪 ユニフォームを発表

641a3743-ea7d-48e8-b8a6-e2adcc3859bc

2017年になって、サッカーファンたちにとって、注目なのはJリーグの試合です。ガンバ大阪新シーズンのユニフォームも発表されました。本日は、それについて少し紹介します。

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017新シーズンは『KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~』デザインコンセプトをペースで設計しました。

ホームユニフォームは伝統的なチームカラーである青と黒を用いて、ストライプをペースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用します。

ピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められています。

去年により、各商品の仕様やサイズ明細等は昨年と大きく変わっておりませんが、レプリカの背中パートナーロゴ(ロート製薬株式会社)の加工がプリントではなく、転写マーク加工に変わっております。

そして、昨年にはなかった背中裾パートナーロゴ(シップヘルスケアホールディングス株式会社)は、プリントではなく転写マーク加工を施しております。

新シーズンのユニフォームはどう思っていますか。気に入れましたら、以下のボタンを押してください。

20160804

ガンバ大阪 2016年ユニフォームの紹介

1998x1333_gamba2016_1st

最近ガンバ大阪の歴代ユニフォームをまとめて、色々を比べて、やっぱり2016年のユニフォームは一番好きです。

2016シーズンのガンバ大阪 ユニフォームのデザインはとても複雑です。デザインコンセプトは「EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現します。
ホーム(1st)は、クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れています。アウェイ ユニフォームには、「ホームタウン」である新スタジアムを中心とした北摂地区7市(吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、摂津市、池田市、箕面市)の航空写真のイメージを同じくグラフィックで表現しました。胸前にはスポンサー名「Panasonic」をプリントしています。袖には「×」記号を圧着して、Jリーグロゴもワッペン縫い付けています。背中には「ROHTO」字様を印刷しています。

ホームのショーツはブラックで、ハイソックスはブルーとブラックを使用しています。アウェイはブルーショーツで、ホワイトハイソックスです。ゴールキーパーユニフォームは明るいカラーレッドを採用しています。大人気がありますよ。

この紹介を見て、ガンバ大阪2016ユニフォームはどう思っていましたか。購入したいでしょうか。もし、お買い持ちたいなら、以下のボタンを押してください。

20160824160051